アーカイブ

シンガポールにおける日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況調査

本調査レポートは、日本国内の外食企業がシンガポールに進出することを目的に、現地における日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況を調査した報告書である。
現地の外食産業市場を外食レストラン店舗数や形式、一般マクロ情報から概観し、その中で日本食レストランがいかに出店し、かつ食材を調達しているかを具体的に紹介している。
また、日本企業が現地の外食産業市場を開拓するにあたって、欠かすことのできない輸入規制や各種手続きについての情報を現地のビジネス事情を踏まえつつ説明するとともに、主なビジネスパートナー候補についてもリストアップし紹介している。

ジャカルタにおける日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況

本調査レポートは、日本国内の外食企業がインドネシア(ジャカルタ)に進出することを目的に、現地における日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況を調査した報告書である。
現地の外食産業市場を外食レストラン店舗数や形式、一般マクロ情報から概観し、その中で日本食レストランがいかに出店し、かつ食材を調達しているかを具体的に紹介している。
また、日本企業が現地の外食産業市場を開拓するにあたって、欠かすことのできない輸入規制や各種手続きについての情報を現地のビジネス事情を踏まえつつ説明するとともに、主なビジネスパートナー候補についてもリストアップし紹介している。

日本食品消費動向調査 カナダ(2017年3月)

本調査報告書はカナダの水産物に関する規制や流通構造を把握し、カナダの輸入業者や小売業者との提携を通じて日本からカナダへの国産水産物の輸出拡大に資することを目的とする。
日本からカナダ市場へ向けての輸出は、競合を避け差別化した利便性の高い商品に注力すること、さらに日本産水産物に対する需要を喚起し輸入業者、小売業者や消費者への啓蒙活動を通じて需要を拡大を図ることが肝要と思慮される。
本調査結果が日本産水産物の輸出の拡大の一助となれば幸いである。

ドイツ日本食品消費動向調査(2015年3月)

本レポートでは、ドイツにおける今後の日本食普及と日本産食品の輸出の可能性を検討するため、日本産食品輸入の現状、消費者の食文化や食全般のトレンド、小売、外食産業の現状といった輸出に必要な市場の基礎情報をまとめた。

発行年月:2015年3月

(ドバイ発) UAE 食品流通概観

UAE は、食品に関しては政治的な規制であるアラブボイコット(イスラエル製品の輸入禁止:1次ボイコット)や、宗教上で規制のあるアルコールや肉製品(豚肉製品含む)の取引以外は、輸入に対する規制は少なく、競争の激しい市場である。また、特定の輸出国に対する優遇措置もない。

日本産食品の小売販売動向 日本産炭酸飲料類が躍進するドバイ市場 ‐ ドバイの飲料市場は炭酸飲料と果実飲料が人気

中東の乾燥した気候の生活に欠かせないのが水分である。多様な人々が集うドバイにおいては炭酸飲料、ミネラルウォーター、果実飲料が主な売れ筋商品となっている。

制度関連トピックス ロシアの流通構造

ロシアのインポーターは、輸入業に加え、ディストリビューター(卸売業)を兼ねている会社がほとんどである。輸入される農産物および食品は、インポーター兼ディストリビューターを通じて「アズブカ・フクーサ」や「グローブス・グルメ」、「エリセーエフスキー」などの高級スーパーチェーン店や、「アシャン」、「ペレクリョーストク」、「ナーシ」などの大手大衆向けスーパーチェーン店、そして一般の小売店に配送される。高級スーパーチェーン店は自社倉庫を持っていないところが多い(取り扱う商品次第で小規模な倉庫を持っている店もある)。したがって、日本食をロシアで販売するためには、優良なインポーターを見つけ出し、良好な提携関係を築くことが、販売を順調に進める上でとても重要になる。

1 / 612345...最後 »