アーカイブ

株式会社トライ・インターナショナル ジェトロ支援を受け、初めての国でスムーズに店舗開業

味噌の醸造元に生まれ育った田所代表が「味噌は日本人の宝物」というスローガンを掲げ、健康食・味噌を世界に広めるべく「田所商店」などのブランドで味噌ラーメン専門店を運営。現在、日本のほか、台湾、マカオ、タイ、ベトナム、米国、カナダ、ブラジルなど、グローバルに展開中。

株式会社シマナカ 1号店開店から半年で3店舗に拡充

鶏肉一筋60年超の同社は、鶏肉卸売、鶏肉加工品の製造販売、フードサービス事業の3事業を展開する。関西のスーパーや食品問屋を中心に鶏肉・鶏肉加工品の卸売販売を行い、プライベートブランドの鶏の販売にも力を入れている。2009年にはスティックタイプのから揚げ専門店「金のとりから」を京都に出店したのを皮切りに、国内外で店舗網を拡充している。

有限会社THANX ベトナム外食最大手とライセンス契約

からあげ発祥の地とされる大分県宇佐市でガソリンスタンドを経営する傍ら、「からあげ専門店かえで」を運営し、日本では4店舗をフランチャイズ展開。海外では、ご当地グルメ「宇佐からあげ」でベトナムへの店舗展開に取り組む。

日本食品消費動向調査 カナダ(2017年3月)

本調査報告書はカナダの水産物に関する規制や流通構造を把握し、カナダの輸入業者や小売業者との提携を通じて日本からカナダへの国産水産物の輸出拡大に資することを目的とする。
日本からカナダ市場へ向けての輸出は、競合を避け差別化した利便性の高い商品に注力すること、さらに日本産水産物に対する需要を喚起し輸入業者、小売業者や消費者への啓蒙活動を通じて需要を拡大を図ることが肝要と思慮される。
本調査結果が日本産水産物の輸出の拡大の一助となれば幸いである。

ホノルルスタイル(2017年3月)

アメリカ本土とは異なる文化を持つハワイ州最大規模の都市ホノルルは、観光業を基幹産業とし、食生活や習慣・風習に日系文化の影響が色濃いことからも、サ ービス産業を中心に日系企業の進出先として注目を集めている。
本レポートでは、ホノルルにおける衣、食、暮等の情報を、統計データや写真、インタビューとともに紹介する。

サンパウロスタイル(新版/2017年2月)

ブラジルの商都サンパウロは、南米最大の都市であると同時に、南米の経済および文化の中心地であり、さまざまな人種と文化を抱えながら消費市場として発展を続けている。
本レポートでは、2010年9月の調査を改定し、サンパウロの「今」を、ファッション・食・暮らし等を切り口として経済データや座談会、企業インタビューと共に紹介する。

ハノイスタイル(新版/2016年10月)

ベトナムの首都ハノイ市は、政治・文化の中心地であると同時に、近年消費市場としても成長を遂げており、一人当たりGDPは3,500USドル(同上)を越え、耐久 消費財などの普及が進むとされる3,000USドルを突破。人口は722 万人(2015年推計)と全国で2番目に多く、過去5年間の平均経済成長率が9.2%と全国平均 を大きく上回っていることから、消費市場として今後一層の拡大が期待される。
本レポートでは、2013年12月の調査を改定し、観光ガイドや経済白書からは垣間 見ることができない、ハノイ市民のファッション、食、住まい、暮らしなどについて、写真を多く用いながら、統計データやインタビュー、消費者アンケート調査とともに紹介する。

ホーチミンスタイル(新版/2016年10月)

新興経済国として近年著しい経済発展を遂げているベトナムにおけるホーチミン市は、ベトナム南部経済の中心地で同国随一の人口800万人を擁する大都会で、近年は消費市場としても注目されてきている。
本レポートでは、2011年10月の調査を改定し、観光ガイドや経済白書からは垣間見ることができない、そんな普通のホーチミン市民の住まい、暮らし、食生活、ファッションのトレンド、レジャーなど生活情報を、インタビューや写真とともに紹介する。

海外展開・進出促進フォーラムならびに海外進出をめざす国内企業と海外企業交流会 in FOODEX JAPAN2017<本セミナーは終了しました>

平成28年度 農林水産省補助事業
海外展開・進出促進フォーラムならびに海外進出をめざす国内企業と海外企業交流会 in FOODEX JAPAN2017 


海外進出を目指す食産業企業を応援!!

日本食の世界遺産登録、健康・ヘルシー、OMOTENASHI【おもてなし】。アジアにおいて食産業のトレンド発信基地になりつつある日本。
これらの『強み』と海外の経済成長を取り込み、新たな事業展開を海外にと検討する企業に有益な情報を提供します。さらに、日本の食品産業(メーカー・外食・居酒屋・小売業)の海外への事業進出したいとおもう企業と交流をもちたい海外企業をお呼びし交流会を実施します。

 

 

開催日時 2017年3月9日(木)13:40~16:00(フォーラム) / 17:15~18:15(交流会)
会場 フォーラム:幕張メッセ9ホール トレンドステージ (〒261-0023 千葉県美浜区中瀬2-1)
交流会:幕張メッセ 国際会議場3F 302 (〒261-0023 千葉市美浜区中瀬2-1)
主催 株式会社アール・ピー・アイ 海外展開・進出促進フォーラム共同事務局
企画協力 一般社団法人日本能率協会
後援 独立行政法人中小企業基盤整備機構、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)
株式会社日本政策金融公庫、一般社団法人日本居酒屋協会
定員 先着 100名
参加料 無料(フォーラム・交流会いずれも)
申込締切 2017年3月2日(木)(定員になり次第お申込を締切ます)※お申込み受付けは終了いたしました。
受講対象者 海外へ進出・展開を考える食品産業事業者(メーカー、飲食店、卸、小売業etc)
海外への進出・展開を支援する各種機関
プログラム 海外展開・進出促進フォーラム
in FOODEX JAPAN2017
 場 所 
幕張メッセ9ホール トレンドステージ
13:30~13:40
受付
13:40~13:50
事業趣旨説明
13:50~14:10
キーノート:食品産業・外食産業の海外進出の今
講演者:北川浩伸氏 (独)日本貿易振興機構 サービス産業部長
北川浩伸氏
14:10~14:30
パネラー発表①:Japanese wonder to the world 
~海外で実現したいこと/海外から学んだこと~

講演者:清宮俊之氏 株式会社力の源ホールディングス 代表取締役社長
清宮俊之氏
14:30~14:50
パネラー発表②:海外展開を検討する飲食事業者が忘れてはならないポイントとは
講演者:佐藤信之氏 株式会社epoc(エポック) 代表取締役社長
佐藤信之氏
14:50~15:50
トークセッション
北川氏と清宮氏・佐藤氏によるトークセッション
15:50~16:00
閉会
海外進出を目指す国内企業と海外企業交流会プログラム
in FOODEX JAPAN2017
 場所 

幕張メッセ国際会議場3F 302
17:00~17:10
受付
17:15~18:15
フォーラム講師及び海外からの招聘企業と交流ができます(軽食付)
海外からの参加企業一覧(PDF)
参加申込 海外展開・進出促進フォーラムならびに海外進出をめざす国内企業と海外企業交流会 in FOODEX JAPAN2017

完全事前登録制です。ご登録後招待券をお送りいたします。
※お申込み受付けは終了いたしました。

フォーラム、交流会のご案内 PDFファイルはこちら

お問い合せ先 海外展開・進出促進フォーラム共同事務局
株式会社アール・ピー・アイ内 担当:佐藤、木佐貫
TEL:03-5212-3412 FAX:03-5212-3414
E-mail:forum@foodkaigai.com