アーカイブ

投資コスト比較調査(欧州・ロシア・CIS)

ジェトロが欧州、ロシア、CIS地域を対象に実施した2016年度「投資関連コスト比較調査」によると、賃金上昇率は中・東欧、ロシア、ウズベキスタンが大きく、賃金水準は西欧が高い状態が続いた。西欧では、景気回復を反映して、賃金上昇率が前年を上回った国が目立った。また、英国のEU離脱やEUによる対ロシア経済制裁などにより、対ユーロで現地通貨安となった英国やロシアは、ワーカー(一般工)の月額賃金の国順位が下がった。税制では中・東欧の一部の国で税率の引き下げがあった。

日本企業の北米展開事例

サービス産業分野の日本企業の対北米展開事例に係るインタビューをまとめた。レストラン、食品、繊維・衣服、その他小売、美容、その他サービスの各分野にて、海外に始めて進出した企業や北米に最近出店した企業から進出時の苦労や店舗経営の課題、今後の展望などについて聞くとともに、北米で成功している企業から、北米進出の際の留意点や従業員管理などについて話を聞いた。北米展開の事例から、市場の特性、直面しうる課題、解決方法のヒントなどが読み取れる。

ベトナムにおける外食産業進出の現状・可能性調査

2010年代に入り、経済成長に伴い日本の外食産業の進出が増加している。また、2015年1月から外食産業の進出規制が撤廃され、今後もその動きは顕著になることが予想される。

本レポートでは、日本食レストランの進出状況、各許認可やライセンスの取得方法、進出日系企業のトラブル事例および、ベトナム人の一般消費者向けのアンケート調査を盛り込んだ。

シンガポールにおける日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況調査

本調査レポートは、日本国内の外食企業がシンガポールに進出することを目的に、現地における日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況を調査した報告書である。
現地の外食産業市場を外食レストラン店舗数や形式、一般マクロ情報から概観し、その中で日本食レストランがいかに出店し、かつ食材を調達しているかを具体的に紹介している。
また、日本企業が現地の外食産業市場を開拓するにあたって、欠かすことのできない輸入規制や各種手続きについての情報を現地のビジネス事情を踏まえつつ説明するとともに、主なビジネスパートナー候補についてもリストアップし紹介している。

ジャカルタにおける日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況

本調査レポートは、日本国内の外食企業がインドネシア(ジャカルタ)に進出することを目的に、現地における日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況を調査した報告書である。
現地の外食産業市場を外食レストラン店舗数や形式、一般マクロ情報から概観し、その中で日本食レストランがいかに出店し、かつ食材を調達しているかを具体的に紹介している。
また、日本企業が現地の外食産業市場を開拓するにあたって、欠かすことのできない輸入規制や各種手続きについての情報を現地のビジネス事情を踏まえつつ説明するとともに、主なビジネスパートナー候補についてもリストアップし紹介している。

ジャカルタ特別州マップ

消費市場として注目され始めているジャカルタだが、サービス産業の進出に必要な資料が不足している。
本調査では、ショッピングモール等の商業施設の基礎情報を収集、地図化すると共に、人口密度、交通量、路線価格に加え、主なスーパーマーケット、コンビニエンスストア等の分布も地図に書き込み、ジャカルタの店舗立地状況を鳥瞰する。
主な図表:交通量(ジャカルタ特別州主要道路交通量調査)、人口密度分布(ジャカルタ特別州人口密度マップ)
発行年月:2012年9月

メトロマニラ商圏マップ

首都マニラや旧首都ケソンシティなどの17の行政都市を含むメトロマニラ。総人口は1,200万人弱を数える。本書ではメトロマニラの概要を紹介するとともに、主要な4つのエリアについて、店舗、ショッピングモール、ホテル、オフィスビル等をマップに書き込み、それぞれの地域での各種施設の分布状況を示した。
主な図表:飲食店店舗数、 マニラ首都圏トップ7ショッピングモール
発行年月:2014年3月

上海市流通マップ

上海市の商圏情報について、市内の各商圏やショッピングモール等の商業施設情報を収集、地図化すると共に、主なスーパーマーケット、コンビニエンスストア、飲食店等の分布も地図に書き込み、上海市の店舗立地状況を鳥瞰する。
発行年月:2013年3月

ホーチミン市店舗立地マップ(新版)(2016年10月)

生産拠点に加え消費市場としても注目され始めたベトナム。ホーチミン市が位置する南部は国内消費でベトナムの半分以上を占めるが、いまなおサービス産業の進出に必要な資料が不足している。
ジェトロでは、街の発展や店舗出店の基礎情報を収集、地図化することを目的として、2011年の調査を改定した。ホーチミン市街の変遷、人口密度・増減、交通量、路線価格、新都心計画に加え、主なスーパー、コンビニ、ファーストフード、カフェ等の分布を地図に書き込み、街の店舗立地状況を鳥瞰する。

日本食品消費動向調査 カナダ(2017年3月)

本調査報告書はカナダの水産物に関する規制や流通構造を把握し、カナダの輸入業者や小売業者との提携を通じて日本からカナダへの国産水産物の輸出拡大に資することを目的とする。
日本からカナダ市場へ向けての輸出は、競合を避け差別化した利便性の高い商品に注力すること、さらに日本産水産物に対する需要を喚起し輸入業者、小売業者や消費者への啓蒙活動を通じて需要を拡大を図ることが肝要と思慮される。
本調査結果が日本産水産物の輸出の拡大の一助となれば幸いである。

1 / 712345...最後 »