アーカイブ

ジャカルタにおける日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況

本調査レポートは、日本国内の外食企業がインドネシア(ジャカルタ)に進出することを目的に、現地における日本食レストランの出店状況及び日本食材の流通状況を調査した報告書である。
現地の外食産業市場を外食レストラン店舗数や形式、一般マクロ情報から概観し、その中で日本食レストランがいかに出店し、かつ食材を調達しているかを具体的に紹介している。
また、日本企業が現地の外食産業市場を開拓するにあたって、欠かすことのできない輸入規制や各種手続きについての情報を現地のビジネス事情を踏まえつつ説明するとともに、主なビジネスパートナー候補についてもリストアップし紹介している。

ジャカルタ特別州マップ

消費市場として注目され始めているジャカルタだが、サービス産業の進出に必要な資料が不足している。
本調査では、ショッピングモール等の商業施設の基礎情報を収集、地図化すると共に、人口密度、交通量、路線価格に加え、主なスーパーマーケット、コンビニエンスストア等の分布も地図に書き込み、ジャカルタの店舗立地状況を鳥瞰する。
主な図表:交通量(ジャカルタ特別州主要道路交通量調査)、人口密度分布(ジャカルタ特別州人口密度マップ)
発行年月:2012年9月

株式会社シマナカ 1号店開店から半年で3店舗に拡充

鶏肉一筋60年超の同社は、鶏肉卸売、鶏肉加工品の製造販売、フードサービス事業の3事業を展開する。関西のスーパーや食品問屋を中心に鶏肉・鶏肉加工品の卸売販売を行い、プライベートブランドの鶏の販売にも力を入れている。2009年にはスティックタイプのから揚げ専門店「金のとりから」を京都に出店したのを皮切りに、国内外で店舗網を拡充している。

◆情報まとめ◆ 各国の消費者ニーズとは?

食品産業の海外展開では、各国の消費者ニーズを知ることが重要です。
ここでは、消費者ニーズの調査結果をまとめました。

 ◆中国
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)
  消費者動向等調査(2011.12)

◆インドネシア
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆韓国
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆タイ
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆ベトナム
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆香港
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆台湾
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)
 
 台湾消費者の日本食品に対する意識調査報告書(2012.3)

◆アメリカ
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆ブラジル
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆英国
  英国日本食品消費動向調査(2015.3) 
  英国における日本食及び日本酒に対する消費者意識調査(2012.3)
 
 英国における消費者の外食実態調査(2013.9

◆ドイツ
  ドイツ日本食品消費動向調査(2015.3)

◆フランス
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆ロシア
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)
 
 ロシア・ウクライナ日本食品消費動向調査(2013.3)

◆アラブ首長国連邦
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

セミナー・講演会 製造業のための海外拠点設立ノウハウ講座 -初めての海外進出勉強会-

ジェトロ大阪本部と大阪商工会議所は、初めて東南アジアなどで現地法人を設立し、工場を立ち上げ、現地販売を目指す中小企業(主に製造業)を対象に、全2回で、基礎的なノウハウを提供する勉強会を開催します。本講座は今年で5年目を迎えます。昨年度の受講者アンケートでは98%の皆様から満足を得ています。

現地法人を設立したいが、何から手を着ければよいかわからない方、海外で工場を設立する際の基本的な留意点・知識を得たい方等、海外でのものづくりにご関心のある方は、是非参加くさい。多数の皆様の参加をお待ちしています。

2013年度主要国・地域におけるコールドチェーン調査(中国、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシア、インド)

ジェトロは2013年度、主要な新興国・地域(中国、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシア、インド)において、コールドチェーンの実態について調査を実施した。

日本食品に対する海外消費者アンケート調査(インドネシア)

2013年12月にインドネシア(ジャカルタ)の消費者を対象に、食品消費習慣や、日本料理および日本産食品に対する評価等に関する生の声を探り、現地消費者の需要を把握するとともに、今後の当該市場への日本産食品の輸出拡大の参考とすることを目的として実施した。

1 / 41234