アーカイブ

投資コスト比較調査(欧州・ロシア・CIS)

ジェトロが欧州、ロシア、CIS地域を対象に実施した2016年度「投資関連コスト比較調査」によると、賃金上昇率は中・東欧、ロシア、ウズベキスタンが大きく、賃金水準は西欧が高い状態が続いた。西欧では、景気回復を反映して、賃金上昇率が前年を上回った国が目立った。また、英国のEU離脱やEUによる対ロシア経済制裁などにより、対ユーロで現地通貨安となった英国やロシアは、ワーカー(一般工)の月額賃金の国順位が下がった。税制では中・東欧の一部の国で税率の引き下げがあった。

【欧州】「日本」の味を強みに

現地系企業が広めた“日本食”が普及する欧州で、日本の外食企業の進出が増えつつある。その多くは焼き肉など特定ジャンルの専門店だ。強みは「本場の味」。欧州市場での成功を模索する日本企業を紹介する。欧州では、国民性や食文化が国ごとに異なる。各国・都市の違いを的確に捉えることが重要となるゆえんである。

◆情報まとめ◆ 各国の消費者ニーズとは?

食品産業の海外展開では、各国の消費者ニーズを知ることが重要です。
ここでは、消費者ニーズの調査結果をまとめました。

 ◆中国
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)
  消費者動向等調査(2011.12)

◆インドネシア
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆韓国
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆タイ
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆ベトナム
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆香港
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆台湾
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)
 
 台湾消費者の日本食品に対する意識調査報告書(2012.3)

◆アメリカ
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆ブラジル
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆英国
  英国日本食品消費動向調査(2015.3) 
  英国における日本食及び日本酒に対する消費者意識調査(2012.3)
 
 英国における消費者の外食実態調査(2013.9

◆ドイツ
  ドイツ日本食品消費動向調査(2015.3)

◆フランス
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆ロシア
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)
 
 ロシア・ウクライナ日本食品消費動向調査(2013.3)

◆アラブ首長国連邦
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

日本食品マーケティング調査(フランス)

フランスにおける日本食品の取扱い、流通ルートや、しょうゆ等主要品目別の流通状況を調べた。また、他国産の競合食品についても調査し、日本産食品と他国産を比較することで、日本産食品の強み、価格、賞味期限等日本産食品の抱える課題も調べた。また、2011年3月に日本で発生した原発事故後、フランスにおける日本食品、日本産食品、日本食レストランへの影響についても調査を行った。

日本食品に対する海外消費者アンケート調査(フランス)

2012年12月にフランスの消費者を対象に、日本食品に対する意識調査を実施した。食品消費習慣や、日本料理および日本産食品に対する評価等につき海外消費者の生の声を探り、消費者需要を把握し、調査結果を日本産食品の輸出拡大の一助とすることを目的とした。

フランスの流通概観 (主要企業概要)

<フランスの食品流通企業>
フランスの食品小売市場における主要企業は7社で、100億ユーロ以上の年商額である。
これら主要企業の上位5社の売上総額は、国内市場の60%以上を占めている。
主要企業7社の企業形態はレギュラーチェーン(フランチャイズも含め本社が全国展開)とボランタリーチェーン(本部が主催し各メンバーが店舗のオーナー)に大別される。
業態では大半の主要企業がさまざまな業態を展開している。売場面積の大きい順にハイパーマーケット(HM)、スーパーマーケット(SM)、マガザンポピュレール(MP)、ハードディスカウント(HD)、ミニスーパーマーケット及びコンビニエンスストア(MS/CVS)、フリーザーショップ(FS)などの業態を展開しているが、売上占有率の大きい業態はハイパーマーケットとスーパーマーケットである。

日本産および日系企業現地生産品小売での販売動向 堅調な日本食材の消費動向 ‐ 日本食材専門店の見解(フランス)

近年フランスでは、日本食への関心が急速に高まってきた。本レポートは、パリで事業展開する日系小売企業への取材結果も含め、日本食への関心が高まるフランスならではの理由、売れ筋の日本食材にについて報告する。

外食産業の動向 第3段階に入った日本食レストラン業界 ‐ 市場の多極化が更なる成長を後押しする(フランス)

フランスでは、日本食レストラン数が2000年代に入り急増し、現在約1,500件(日本食材卸業者等へのヒアリングから推測)に達した。このように短期間で急成長を遂げた日本食レストラン業界だが、数年前より、オーナーシップ、市場、業態、料理、サービス等のあらゆる面で多極化が進み、それが市場全体をさらに底上げする新たな発展段階に入っている。

1 / 212