アーカイブ

【世界】中国消費市場の魅力なお

中国の輸入停滞が顕著。その二大要因は、需要の低迷と現地調達の進展。特に資源は前年比大幅減だった。一方、化粧品や食料品などの消費財の輸入は堅調に伸びている。中国ビジネスについての日本企業の見方は業種によってさまざまだ。消費市場参入のキーワードは、品質・機能性などにおける他社との“差別化”だ。

◆情報まとめ◆ 各国の消費者ニーズとは?

食品産業の海外展開では、各国の消費者ニーズを知ることが重要です。
ここでは、消費者ニーズの調査結果をまとめました。

 ◆中国
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)
  消費者動向等調査(2011.12)

◆インドネシア
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆韓国
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆タイ
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆ベトナム
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆香港
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆台湾
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)
 
 台湾消費者の日本食品に対する意識調査報告書(2012.3)

◆アメリカ
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆ブラジル
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

◆英国
  英国日本食品消費動向調査(2015.3) 
  英国における日本食及び日本酒に対する消費者意識調査(2012.3)
 
 英国における消費者の外食実態調査(2013.9

◆ドイツ
  ドイツ日本食品消費動向調査(2015.3)

◆フランス
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2013.3)

◆ロシア
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)
 
 ロシア・ウクライナ日本食品消費動向調査(2013.3)

◆アラブ首長国連邦
  日本食品に対する海外消費者アンケート調査(2014.3)

中華人民共和国食品安全法 改正草案 全文(仮訳)

本仮訳は、中国全国人民代表大会常務委員会が 2014 年 6 月 30 日に発表した「中華人民共
和国食品安全法」改正案をジェトロが仮訳したものです。
ご利用にあたっては、原文もご確認ください。
http://www.npc.gov.cn/npc/lfzt/spaqfxd/2014-06/30/content_1869710.htm

2013年度主要国・地域におけるコールドチェーン調査(中国、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシア、インド)

ジェトロは2013年度、主要な新興国・地域(中国、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシア、インド)において、コールドチェーンの実態について調査を実施した。

【中国】食品市場開拓は長い目で(2014年4月)

食品関連企業が中国市場開拓へ動き出した。食品の安全性に対する消費者意識が高まりつつあるとはいえ、まずは高い対価を払ってまで日本食品を求める購買層を増やすことが必要だろう。克服すべき課題も少なくない。だが法制度の運用レベルを改善しようとする中国側の動きは、日本企業の市場参入を後押ししそうだ。

1 / 41234